メキシコペソ急落

5月31日のメキシコペソは急落しました。原因はトランプ大統領のメキシコ制裁。

外為どっとコム 外為情報ナビ より

メキシコペソは金利が高いことで知られています。メキシコペソ・円のスワップポイントが魅力なので、前日に買おうと思っていたところでした。買いを伸ばしてよかったです。スプレッドで大損するところでした。こういうことがあるからFXは慎重にやらないと・・・。

日本経済新聞によると

トランプ米大統領は30日、メキシコの不法移民対策が不十分だとして、6月10日から同国からの全輸入品に5%の関税を課す異例の経済制裁を発表した。メキシコが対策を講じなければ最大25%まで関税率を上げるとしている。歯止めを失ったトランプ氏の関税政策で、北米の複雑なサプライチェーン(供給網)が突然寸断される懸念も広がっている。

供給網寸断に懸念 トランプ氏、メキシコにも制裁関税

立場を変えれば、当面の悪材料は出たと言える。来週様子を見て買いを入れてみよう。不法移民問題がすぐに解決するとは思えないが、対話で進展が見られれば、一気に上昇する可能性があると思います。

注目の関税が10%に引き上げられるのは7月1日。もし正式に引き上げられたとしても、為替はすでに織り込み済み。下がったとしても5月31日ほど大きくはないと思います。下がったところで難平買いをしようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする